謎の神経痛克服記

自律神経失調症?異痛症?線維筋痛症?原因不明の突発性神経痛との戦い


私の神経痛に類似する症状の病気

私の神経痛は「身体の不特定の部位に、不定期で痛みが走る」というもので「10日〜2週間ほどの周期で悪化と良化を繰り返している」という、意味不明な症状です。様々な医者に聞いたものの、このような症状は聞いたことがないそうです。

個人的にも文献やネットで色々調べましたが、やはり完全に一致する病名は見当たりません。近い症状の病気と比較すると・・・

■坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛
神経痛と調べても、ほとんどがこれらについての記述です。それぞれ特定の部位に発生する病状で、私の症状とは異なります。

■糖尿病性神経障害
『代謝障害や血管障害が原因で発症。しびれや痛みが生じる。手にも症状が現れる場合もあるが、足に比べて軽度。自律神経障害を伴っていることが多い』・・・しびれこそないが、足の痛みが多い点や、自律神経失調症ということで、私と合致点は多い。メタボ気味だから糖尿病であってもおかしくないし・・・。

■異痛症(アロディニア)
『衣服とこすれたり、風が当たったりするだけで、痛みを感じてしまう感覚異常の病気。一種の知覚過敏のような症状』・・・確かに私も一時、エアコンの風が足の毛穴に響いて痛かった。

■複合性局所疼痛症候群
『外傷を伴う怪我等がきっかけで、それ以外の部位にも疼痛が広がる。熱いものを冷たく感じたり等の感覚異常を伴うことが多い』・・・私は発症期には歯医者で治療してた程度で、外傷は伴っていない。また感覚異常も別にないので、これとは違うだろう。

■線維筋痛症
『全身の様々な箇所に痛みが走る病気。電気が走るような痛み。アロディニアとも症状は類似する。女性の発症率が男性の7倍ほどあると言われており、様々な病気と併発することも多い』・・・医者の見立てでは、私の症状はこの繊維筋痛症が近いという。確かに痛みが「電撃痛」という点では、私の症状に近い。

1つだけ確実にいえることは、ここに上げた病気のほとんどが、明確な治療法が確立されていないという点です。抗うつ薬や抗てんかん薬などが痛みに有効なケースが多いので、痛み止めとしてこれらを処方することでしか、対処法がないということです。何とも厄介な話だ・・・。



医療問題と民間の医学 | 医者になる方法 | 医学部入試情報局 |  脳出血から生還した男の体験談 
当サイトで紹介する内容はあくまで私個人の体験に基づいたものであり、万人に有効な方法とは限りません。
当サイトでは責任を持ちませんので、必ず医師に相談した上で行って下さい。
Copyright (C) 2010 謎の神経痛克服記. All Rights Reserved.